/

今治造船、「電気運搬船」で提携を発表

国内造船最大手の今治造船は3日、洋上風力発電所でつくった電気を輸送する「電気運搬船」の開発を目指すスタートアップ、パワーエックス(東京・港)と資本業務提携を結んだと発表した。約10億円を出資し、建造に共同で取り組む。2025年までに初号船を完成させ、実際の海域での電力輸送を試験的に始める。

22年1月から船舶設計を行い、22年中に建造を始める。初号船には容量数万キロワット時の蓄電池を搭載する予定で、建造には数十億円かかる見通し。洋上風力で発電した電気は、海底ケーブルで送電するのが一般的だが、敷設には1キロメートル当たり約1億~2億円かかるとされる。ケーブルの代わりに蓄電池搭載の船を利用することで、コストを抑えられると見込む。

政府は洋上風力発電について、40年までに導入量を3000万~4500万キロワットに拡大する計画で、新規参入する事業者が相次いでいる。パワーエックスは、風車の土台を海面に浮かべる「浮体式」発電所向け運搬船の受注を狙っており、大手電力や総合商社との連携も模索している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン