/

この記事は会員限定です

自動車、脱炭素へ供給網で総力 ESG選別投資にらむ

[有料会員限定]

世界の二酸化炭素(CO2)排出量で約2割を占める自動車業界で脱炭素の動きが加速する。トヨタ自動車ホンダが1次下請けの取引先(ティア1)など主要な部品メーカーに排出量の削減を要請し始めた。投資家が環境対応に注目して投資先を選別するなか、日本車メーカーも生産から廃棄まで全体で脱炭素に対応する必要に迫られている。今後、他のメーカーが追随する可能性もある。

トヨタは2021年のCO2排出量を前年比3%減らすよう、1次取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン