/

この記事は会員限定です

デジタル人材「別枠採用」が3割 主要企業の来春新卒

給与や役職が高くなる企業も

(更新) [有料会員限定]

データ分析や人工知能(AI)などの専門人材を別枠で新卒採用する企業が増えている。主要100社の2023年の新卒者の採用で、ホンダ第一三共など3割が通常の採用枠とは別に募集する。デジタル分野は生産性の向上などで企業の競争力を左右する一方、人材不足が深刻だ。給与や役職が高くなる企業もあり、新卒から差を付ける動きが広がる。

株式の時価総額の上位100社と主な子会社を日本経済新聞が調査した。23年春に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン