/

この記事は会員限定です

5日夕はノーベル化学賞発表 日本人受賞なるか

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

スウェーデン王立科学アカデミーは5日午後6時45分ごろ(日本時間)、ノーベル化学賞を発表する。自然科学分野では生理学・医学賞、物理学賞に次いで最後の発表だ。日本出身者が受賞すれば、2021年の真鍋淑郎・米プリンストン大学上席研究員に続く快挙で、化学賞としては19年にリチウムイオン電池の開発で受賞した旭化成の吉野彰名誉フェロー以来となる。

最注目は新型太陽電池

桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授は、最も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
ノーベル賞

2022年のノーベル賞発表は10月3日の生理学・医学賞からスタート。4日に物理学賞、5日に化学賞、6日に文学賞、7日に平和賞、10日に経済学賞と続きました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません