/

この記事は会員限定です

ファイザー、ワクチン特需でも創薬資金力見劣り

山田航平

[有料会員限定]

新型コロナワクチンを独ビオンテックと共同で開発した米ファイザー。ワクチンの売上高は2021年に260億ドル(約2兆9000億円)に達し収益を押し上げる見通しだが、株価が振るわない。ファイザーはこの10年、大型買収と事業売却で資産を入れ替えてきたが、稼ぐ力で競合大手と差がついている。ワクチン「特需」によるキャッシュ増を成長力の増強につなげられるかが問われている。

「コロナワクチンは競争圧力が高まる可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン