/

この記事は会員限定です

日立、環境特許を取引先に提供 脱炭素で連携

[有料会員限定]

日立製作所は二酸化炭素(CO2)の排出削減などの環境技術特許を取引先などが利用できるようにする。日立が持つ環境特許を用途別に検索できるシステムを2022年度にも稼働させる。同社は50年度にサプライチェーン(供給網)全体でCO2排出を実質ゼロにする目標を掲げている。取引先が環境特許を利用しやすくすることでCO2排出削減を促し、実質ゼロを急ぐ。

このほどグループ全体で保有する約7万件の特許から環境関連のものを抽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン