/

アステラス、早期退職募集450人 資源配分見直し

アステラス製薬は3日、早期退職者を募集すると発表した。対象は同社や国内の子会社の約5600人の正社員。募集人数は450人ほどを想定する。退職金を従来よりも積み増すなど優遇する。年齢や対象となる職種は明らかにしていない。営業活動のデジタル化や遺伝子治療など新たな技術の登場で事業環境が変化しており、従来の人員配置を見直す。

親会社のアステラスのほか、国内グループ会社のアステラスファーマテック、アステラスグリーンサプライが対象となる。対象者の退職日は2021年12月末を予定する。

アステラスは5月下旬、26年3月期を最終年度とする新たな中期経営計画を発表。連結売上高にあたる売上収益は26年3月期に21年3月期比で48%増の1兆8500億円を目指すとしている。業績は好調に推移する一方で、販売管理費は21年3月期と実額ベースで同水準に維持する見込みだ。

同社の安川健司社長は「デジタル化や機能のグローバル化なども効率化の機会として捉える」と話す。新型コロナウイルスをきっかけに進展した営業活動のデジタル化や遺伝子治療や細胞医療などの専門性の高い領域への経営資源の配分を予定しており、今回の早期退職の募集にいたったもようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン