/

この記事は会員限定です

供給網リスクをAI解析 フロンテオ、各国規制に対応

[有料会員限定]

データ解析支援のFRONTEO(フロンテオ)は、独自開発の人工知能(AI)を用いたサプライチェーン(供給網)のリスク解析サービスの提供を始める。有価証券報告書などの公開情報を基に、直接・間接の取引先が各国の規制対象かどうか判定する。各国が安全保障などの観点から外国企業も対象とする規制を強めるなか、リスクに備えたい企業のニーズをつかむ。

サプライチェーンのように複雑なネットワーク構造を効率よく解析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン