/

この記事は会員限定です

スマホ決済、囲い込みにメスも 社会インフラへ残る課題

スマホ決済サバイバル(4)

[有料会員限定]

米国各地で週末に開かれる農産物の直売所の支払い風景が新型コロナウイルス禍を機に変わりつつある。米スクエアの端末を導入したキノコ店では、購入者がアップルペイなどで生産者に支払っている。

新型コロナで現金を触りたくない消費者が増え、米カードフライトによるとスマートフォンなど非接触決済の米国での取引数は2021年10月中旬時点で、3月初めと比べて約9倍に達した。

世界中で増加するキャッシュレス取引だが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン