/

KDDI、通信制限解除「通話・データほぼ回復」

端末再起動呼びかけ

(更新)

KDDIは4日、2日未明に起きた大規模な通信障害がほぼ回復したと発表した。通信制限を解除し、データ通信と音声通話ともに大部分の利用者が安定して使えるようにした。5日夕にも全面復旧を公表できるか判断する。今回の障害では物流など最大26万社に影響が出た。デジタル化の加速で企業は通信回線への依存を強めており、IT(情報技術)社会のインフラの脆弱性が浮き彫りになった。

4日夜に開いた記者会見で吉村和幸専務は「現在はシステムも安定しており、最後の確認作業を続けている。(全利用者が)音声通話・データ通信ともに使える状態になっている」と述べた。

復旧作業は3日夕に全国で終えたが、その後もアクセスの集中を警戒して利用者からの接続を制限していた。接続制限も4日午後に解除してシステムは復旧した。「利用者が端末を再起動すれば不具合が解消する」(同社)とし、法人顧客などがサービスを正常に利用できるか確認したうえで5日夕にも全面復旧を公表する見込みだ。

今回の障害で影響を受けた通信回線は最大で3915万回線に上る。携帯電話大手の通信障害としては2008年度以降で最大規模となる可能性がある。

企業活動への影響は最大で26万社に達する。JR貨物ではコンテナの位置を把握する機器が使えず全国で列車が遅延し、トヨタ自動車などではインターネットと接続するコネクテッドカー(つながる車)のサービスが一部で利用できなくなった。ヤマトホールディングスも配送車の運転手らとの音声通信ができなくなっていた。

4日の東京株式市場でKDDI株は前週末比72円(1.6%)安の4241円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン