/

この記事は会員限定です

イオン、ベトナムでスーパー100店 脱「街の市場」に照準

[有料会員限定]

イオンはベトナムで2025年までに食品スーパーを約100店出店する。庶民の台所である伝統的な市場は買い物時に「密」になりやすく、感染防止策を徹底するスーパーへの安心感が広がる動きを捉える。外資規制の緩和も追い風に大型商業施設の展開も加速させ、東南アジアの消費スタイルの変化を取り込む。

イオンは現地の全額出資子会社を通じて、首都ハノイ近郊で食品スーパー「マックスバリュ」を4店展開しており、25年ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン