/

この記事は会員限定です

米加州でGM系が完全自動運転商用免許、米中政策後押し

[有料会員限定]

米ゼネラル・モーターズ(GM)系の自動運転技術開発会社GMクルーズが2日、米カリフォルニア州当局から運転手不要のタクシー事業の免許を取得した。米アルファベット傘下のウェイモも2020年からアリゾナ州で無人車両を使った配車サービスを展開するほか、中国でも有料無人タクシーの試験サービスが21年に北京市で始まった。米中が自動運転サービスの商用化で先を競うなか、日本も法整備や技術実証を急ぐ。

小型電気自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン