/

電流で脳の深部刺激、「視る」パーキンソン病治療登場

手足が震えるなどの症状が出るパーキンソン病の治療でデジタル技術の活用が進んできた。患者の脳の神経細胞の活動を可視化、電流で刺激して薬の効果を補完する手法が登場した。腕時計型端末(スマートウオッチ)やスマホアプリを使い、震えなどの症状を常時記録できるようにもなった。患者の訴えや医師の経験に加えて客観的な生体のデータを生かし、治療や生活の質を高められるという。

「脳内の情報をタブレットで見せながら説明できるので、患者の安心感がまるで違う」。順天堂大学医学部付属練馬病院(東京・練馬)の下泰司医師(同大脳神経内科教授)はパーキンソン病の新しい治療についてこう話す。脳深部刺激療法(DBS)と呼ぶ治療で、2020年12月に発売された最新鋭の機器を使う。下医師の手元のタブレットに映し出されているのは、患者の脳波のデータだ。

パーキンソン病は脳内で神経伝達物質を作る細胞が減ることで発症するとされ、筋肉のこわばりや手足が震えるなど運動機能に障害が出る。高齢化で患者は増加、国内に約16万人、世界では約700万人とされる。

進行を止める根本的な治療法は確立しておらず、飲み薬などによる対症療法が中心だ。薬で症状を抑えられるのは数年で、「5年以上たつと薬の効きが悪くなりやすく、体を思うように動かせない時間が増える」(下医師)。逆に薬が効き過ぎて体が意図せずくねくねと動く「ジスキネジア」と呼ばれる症状も出るようになる。

こうした進行期の治療の選択肢の一つがDBSだ。直径1ミリメートルほどの電極を手術で脳内に埋め、鎖骨の下に入れた刺激発生装置から電流を流す。この電流で脳の神経細胞の異常な活動を抑え、筋肉のこわばりや手足の震えを減らす仕組みだ。

パーキンソン病では、神経細胞の活動で生じる脳波に異常が生じる。DBSは電流を流して異常な脳波の影響を抑える。薬の作用を補うイメージだ。「薬が効いていない時の症状をやわらげ、寝たきりを脱するといった改善効果を見込める」(下医師)。下医師によると、薬が減り、ジスキネジア防止につながる患者もいるという。

ただ、従来のDBSは、患者の脳内の神経細胞の活動状態を見ることができないため、常に電流を流す。電流量は医師などが調整するが、しびれなどの副作用が出ることもある。

この課題を克服したのが、アイルランドの医療機器大手メドトロニックの機器「パーセプトピーシー」だ。常時、脳波を電極で捉え、異常を検知すると電流が流れるよう自動調整する。

医師の診察時には、刺激発生装置から脳波のデータを無線でタブレットに送る。患者が専用のスマホアプリに入力する日々の自覚症状の情報と併せて、医師はデータに基づいて治療方針や薬を調整できるようになる。

パーキンソン病の治療はこれまで、患者が訴える症状や紙に書き込んだ記録、医師の経験などをもとに治療方針を決めることが多かった。今回の治療はパーキンソン病では初めて「患者の生体情報を治療に直接生かせるようになった」(下医師)。

治療効果を探るツールとしても活用できる。聖マリアンナ医科大学病院(川崎市)もこの治療を20年12月から導入した。白石真医師(同大脳神経内科准教授)は「脳内で起きていることを心電図のように把握できる。自覚症状とも照らし合わせ、治療がうまくいっているかを評価しやすくなった」と話す。

埋め込み手術には健康保険が適用されており、患者の負担額は数万円以下だ。DBSは日本で00年代半ばから導入する医療機関が増えすでに1万例近い治療実績がある。患者の脳波をリアルタイムでキャッチしながら動く新型の機器の導入で今後さらに広がる可能性がある。

デジタル機器を使い、パーキンソン病の症状を、体の外から捉える試みもある。活用するのはスマートウオッチやスマホアプリ。手足の震えやジスキネジアなどの症状を記録したり、持続時間を可視化したりする。

聖マリアンナ医科大学病院の白石医師らは20年7月から3月、米アップルの「アップルウオッチ」をパーキンソン病患者のオンライン診療に生かす研究に取り組んだ。製薬大手の武田薬品工業などが中心となり、アップルウオッチで捉えた体の動きから手足の震えやジスキネジアを識別するアプリを開発。患者が入力する自覚症状などと合わせ、医師がオンライン診療の画面で見られるようにした。

スマートウオッチなどを併用することで、白石医師は「オンライン診療でも豊富な情報が得られる可能性がある」と話す。抑うつや不眠、便秘などパーキンソン病でしばしば見られる症状も捉えやすくなるという。

デジタル機器で、生体内の情報をつかむことが、難病のパーキンソン病と闘う有力な手段になりそうだ。(大下淳一)

高齢患者の負担軽減が課題


パーキンソン病の患者の高齢化が顕著だ。聖マリアンナ医大病院の白石真医師は「従来は60歳代での発症が多かったが、最近は70~80歳代も珍しくない」と話す。
DBSの機器の埋め込み手術は体への負担が比較的大きい上、認知症やうつ病などを合併していると適用外になる。順天堂大学医学部付属練馬病院の下泰司医師は「60歳代が最も良い対象で、70歳以上はより慎重な検討が必要になる」と説明する。海外では患者の約2割がDBSの対象になるとの報告もあるが、日本国内で実際に治療を受けている患者は1割未満とみられるという。
飲み薬やDBSを含め、現状の治療は対症療法にとどまる。脳波など新たな生体データを分析することで根本的な治療法の開発につながる可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン