/

この記事は会員限定です

アルコール検知器が品薄 「白ナンバー車」検査拡大で

[有料会員限定]

飲酒運転を防止するために使うアルコール検知器が品薄になっている。今年10月から自社の商品や従業員を運ぶ「白ナンバー」車両に対しても、検知器による飲酒検査が義務化されるためだ。検知器を生産するメーカー各社には注文が集中し、商品によっては在庫切れが生じている。

道路交通法(道交法)の施行規則の改正により10月からは、白ナンバーを5台以上か、定員11人以上の車を1台以上使う事業者で、検知器による飲酒検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン