/

この記事は会員限定です

製薬各社、データ人材の育成支援

住友ファーマや中外 創薬や治験、効率化目指す

[有料会員限定]

製薬大手がデータサイエンティストの育成に力を入れている。新薬の研究開発などでデータや人工知能(AI)を使う機会が増え、データ人材の需要は製薬業界で拡大している。住友ファーマ中外製薬は研修制度を整え、人材の社内育成を進める。アステラス製薬は中途採用者が医薬関連のデータ知識を学ぶのにかかる費用を負担し、キャリアアップを支援する。

「社員のリスキリング(学び直し)で一人でも多くのデータ人材を育てたい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン