/

この記事は会員限定です

ペイディ社長、ペイパル傘下入り「独立約束が決め手」

[有料会員限定]

2021年に国内スタートアップが関わったM&A(合併・買収)で大きな注目を集めたのが、米決済大手ペイパル・ホールディングスによる後払い決済サービスのペイディ(東京・港)買収だ。もともとは新規株式公開(IPO)による成長を目指し、傘下入りに消極的だったペイディ。方針転換の舞台裏を探ると、ペイパルによる「独立の約束」が浮かぶ。

ペイディはネット通販などでクレジットカードを使わずに決済し、コン

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン