/

この記事は会員限定です

伊藤ハム米久、原材料高の加圧で問われる統合効果 

八木悠介

[有料会員限定]

伊藤ハム米久ホールディングス(HD)が2022年3月期から掲げるROIC(投下資本利益率)経営がはや試練を迎えている。22年3月期のROICは6.6%(前の期は6.3%)と、24年3月期の目標である6.8%に迫るなど滑り出しは良かったが、原材料高の影響で23年3月期は5.1%に低迷する見込み。今後、傘下の伊藤ハムと米久の生産拠点再編に数百億円を投資し、今後も続く原材料高やウクライナ危機に耐える収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン