/

この記事は会員限定です

Z世代、温泉地で変革生む ビッグローブが専用オフィス

働き方innovation どこにいても働けますか(3)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

観光地などに滞在しながら仕事する「ワーケーション」を新規事業の開発に生かそうとする企業が増え始めた。インターネット接続大手のビッグローブは専用のサテライトオフィスの整備を進める。都会のオフィスでは生まれないアイデアを引き出しイノベーション(技術革新)につなげる狙いだ。

大分県別府市。全国屈指の温泉地に5月、ビッグローブが「ワーケーションスペース」を開設した。6畳一間で住居兼用。源泉掛け流しの浴場も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン