/

ブリヂストン、米車両データ会社を買収 400億円強

ブリヂストンは3日、運送事業者向けの車両管理サービスを手掛ける米企業を買収すると発表した。タイヤと車両のデータを組み合わせ、効率的な運行や安全な運転などを提案するサービスを北米で強化したい考えだ。買収額は400億円強になる見込み。

ブリヂストンの米子会社が、アズーガ・ホールディングス(カリフォルニア州)の全株を買い取る。買収額は同社の企業価値約428億円に運転資本などを調整して確定し、9月末までに買収が完了する見込みだ。2021年12月期の連結業績予想に与える影響は軽微だという。

アズーガは全地球測位システム(GPS)による追跡やドライバーの動作の監視などを通じて車両の運行を効率化させるサービスを提供している。北米を中心に6000強の運送会社が顧客となっており、トラックなど商用車の契約台数は約20万台にのぼる。

ブリヂストンは、アズーガの持つ車両データを自社のタイヤ開発にも生かせるとみている。ブリヂストンは19年にオランダの車両データ会社を1138億円で買収した。タイヤ単体の販売から脱却し、サービスを組み合わせたビジネスモデルの構築に力を入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン