/

この記事は会員限定です

日本の中堅企業に海外M&Aの好機 GCA、米同業傘下に

[有料会員限定]

東証1部上場のM&A(合併・買収)助言会社GCAが米独立系投資銀行のフーリハン・ローキーの傘下に入ることを決めた。助言会社は企業が買収や提携をする際に、価格や方法についてのアドバイスをする。M&Aの裏方同士による再編は、日本の中堅企業による海外M&Aの呼び水になるかもしれない。

GCAとフーリハンはともに大手の金融機関に属さない独立系だ。小回りがきき、中小型案件を積み重ねる。

ゴールドマン・サックス証券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン