/

セブンイレブン、コーヒーを7月に値上げ 発売以来初

セブン―イレブン・ジャパンは3日、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」の商品を7月4日から約10~20%値上げすると発表した。値上げは2013年の発売以来初めて。原材料高に加え、原油高に伴う容器・包材のコストや輸送コストの上昇が響いた。

内容量は変更せず、ホットコーヒーとアイスコーヒーの価格をレギュラーサイズで10円、ラージサイズで30円引き上げる。新価格はレギュラーサイズが110円、ホットのラージサイズが180円、アイスのラージサイズが210円になる。

入れ立てコーヒーではファミリーマートも4月からアイスコーヒーなど一部商品のLサイズのみ10〜15円の値上げを実施している。セブンは4月にも弁当や麺類などの一部で2~15%の値上げを実施しており、コンビニ各社の値上げは広がっている。ファミマもコロッケなど店内調理の揚げ物の一部を3~12%値上げしたほか、ローソンは5月31日に「からあげクン」の値上げに踏み切った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン