/

この記事は会員限定です

コロナ禍でクラウド活用進む 労務や法務など、民間調べ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍のもとで企業は人事・労務や総務、法務などのバックオフィス部門にクラウドを活用したシステムの導入を急いだようだ。契約書を人工知能(AI)で審査するシステムを提供するリーガルフォース(東京・江東)の調査で分かった。

同社は2021年12月、会社員や会社役員の9960人を対象に、クラウド経由でソフトウエアを提供する「SaaS(サース)」がどれほど普及しているかを調べるため、インター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン