/

この記事は会員限定です

トラック運賃3%上昇 荷動きに戻り、燃料高を転嫁

[有料会員限定]

長距離輸送トラックのスポット(随時契約)運賃が上昇している。指標となる東京発大阪行きは、平均で半年前に比べ約3%高くなった。新型コロナウイルスのワクチン接種の進展で、日用品など一部の輸送需要が戻りつつある。輸送能力が不足するなか、運送会社が軽油の値上がり分の一部を運賃に転嫁した。年度末にかけ物流コストを押し上げる要因になる。

10トン車を貸し切りで使う場合、東京ー大阪間の運賃は現在8万~9万5千...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン