/

この記事は会員限定です

ファンド主導のそごう・西武売却交渉 提示額2000億円超

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下で百貨店を展開するそごう・西武の売却を巡って、投資ファンドの米フォートレス・インベストメント・グループが優先交渉権を得た。過去には同業同士の合従連衡で再編が進んできた百貨店業界。ファンド主導で進むそごう・西武の売却交渉は、百貨店という事業の厳しい状況も浮き彫りにしている。

そごう・西武の売却を巡っては、投資ファンドの米ローンスターとシンガポール政

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン