/

この記事は会員限定です

揺れる品質、今こそ「自工程完結」 日科技連の佐々木氏

[有料会員限定]

日本のものづくりが揺れている。三菱電機など大手企業で品質問題が相次ぐ。製品の売り方も変わり、業界の垣根がなくなって調達網が複雑になるなど、取り巻く環境は厳しさが増す。品質管理を徹底し続けるには何が必要か。トヨタ自動車の元副社長で、品質管理の「伝道師」である日本科学技術連盟の佐々木真一理事長に聞いた。

――日本のものづくりを取り巻く環境はどう変わりましたか。

「顧客や社会の価値観が大きく変わった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン