/

この記事は会員限定です

3Dプリンターで住宅建築 米新興、廃棄物やコスト削減

2030 Game Change 持続可能な家づくり

[有料会員限定]

米マイティ・ビルディングズ(Mighty Buildings)は建築業界のスタートアップで、3Dプリンターとロボットを使い住宅を短期間で製造する。事前に入力された図面データをもとにプリンターのノズルを動かし、特殊な建築用素材を噴射して壁などを作成。それらを組み合わせて住宅ユニットを作る。ユニットを大型のトレーラーなどで現地に運んで仕上げる。

1つの壁を仕上げるのには2~3時間で済む。スラバ・ソロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2030 Game Change

世の中が前例のないスピードで変化するなか、これまで積み上げてきたルールや前提が崩れ始めた。企業や市場、国と政策、さらには主義主張まで、過去の延長線に沿ったやり方はもはや通用しない。これからの10年で起こりうる大変革に我々はどう立ち向かうのか。未来を探る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン