/

この記事は会員限定です

三菱重の24年3月期、株主資本配当率4%に 還元拡大

[有料会員限定]

三菱重工業は2024年3月期に株主資本配当率(DOE)を4%程度と、今期予想の約2%から引き上げる。DOEは自己資本に対する株主還元の大きさを示す。利益に左右される配当性向と違い、業績が悪化しても減配できないことが多い。投資家に安定配当を訴えて長期保有を促す狙いで、経営目標の一つとして採用することも検討する。

DOEは年間配当総額を自己資本で割って求めるほか、配当性向と自己資本利益率(ROE)を掛けても算出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン