/

この記事は会員限定です

ポインセチア卸値3割高 店舗の装飾用需要が増加

[有料会員限定]

ポインセチアの鉢植えが値上がりしている。大田市場(東京・大田)の花き卸で販売が多い5号鉢(直径15センチ程度)の赤いポインセチアは、1つ1000円程度。2020年の同時期に比べ3割高い。飲食店などで店内に飾る需要が回復しつつある一方、天候不順の影響で産地からの入荷が少ない。

ポインセチアは赤やピンクの葉が特徴で、クリスマスの時期に出回りが増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン