/

この記事は会員限定です

パーク24取締役、「行動制限なければ純利益上振れも」

[有料会員限定]

パーク24の佐々木賢一取締役は日本経済新聞の取材に応じ、2022年10月期の連結純利益の見通しについて上方修正の可能性を示唆した。「まん延防止等重点措置などの行動制限が今後なければ、もう少し上振れの余地がある」と話した。不採算物件の解約や地主に払う賃料の減免交渉などのコスト削減策も利益改善に貢献するとみる。

同社は22年10月期の連結最終損益が25億円の黒字(前期は116億円の赤字)の見込みだと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン