/

この記事は会員限定です

食品会社、海外事業が収益けん引 値上げ浸透しやすく

[有料会員限定]

日本の食品メーカーで海外事業が収益をけん引する構図が強まっている。主な食品メーカーで国内外の営業利益の見通しを公表する12社を集計すると、2023年3月期の営業利益は国内が前期より平均6%減る一方、海外が同36%増える見通し。所得が伸び悩む日本に比べ、賃上げが進む欧米は値上げを進めやすい。原材料高を吸収して利益を押し上げる。円安傾向が続くなか海外が成長エンジンになっている。

時価総額1000億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン