/

この記事は会員限定です

M&A助言のGCA買収、米投資銀行が発表 680億円

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米独立系投資銀行のフーリハン・ローキーは3日、M&A(合併・買収)助言のGCAを買収すると発表した。1株1380円でTOB(株式公開買い付け)をし、完全子会社化を目指す。買収額は約680億円となる。新型コロナウイルス収束後に日本企業のM&Aが増加するとみて、日本企業とのつながりが深いGCAを買収して体制を整える。

GCAはフーリハン傘下に入ることで、日本企業の米国でのM&A助言などの機会を増やす。フーリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン