/

この記事は会員限定です

うつ病治療VR、帝人系が臨床研究 医師の負担軽減

[有料会員限定]

製薬会社が仮想現実(VR)技術を活用し、うつ病などの精神疾患の治療につなげる新しい手法に挑んでいる。帝人ファーマは新興企業と組み、VRゴーグルを使った臨床研究を始めた。医師による対話療法の一部を代替し、2025年にも最終段階の臨床試験(治験)入りを目指す。住友ファーマも米社と社交不安障害向けのVRコンテンツを開発中で、精神疾患をデジタル技術で治療しようという動きが広がる可能性がある。

帝人ファー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1102文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません