/

NTTぷらら、個人情報800万件流出も 不正アクセスで

NTTぷらら(東京・豊島)は2日、動画配信サービスの「ひかりTV」やインターネット接続サービスの顧客の氏名など、800万件の個人情報が流出した可能性があると発表した。機器の配送を委託するNTT子会社のサーバーが不正なアクセスを受けた。

NTTぷららによると流出した可能性があるのは、ひかりTVなど同社のサービスの利用者で、2009年8月から21年6月までにルーターなどレンタル機器を受け取ったり返却したりした顧客の情報。配送先として記録されていた氏名や住所、電話番号といった情報で、クレジットカード番号は含まれていないとしている。

物流会社のNTTロジスコ(東京・大田)に配送を委託しているが、6月30日午前9時すぎ、千葉県市川市内の物流センター内のサーバーに不正アクセスがあったことが分かったという。データは消失したが、個人情報にアクセスした痕跡があったとしている。

ぷららは個人情報の流出が明らかになった場合に、個別に書面で連絡するという。3日から専用窓口で問い合わせに応じる。電話はフリーダイヤル 0120・100・511で、時間は午前10時から午後7時まで。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン