/

この記事は会員限定です

京王、新宿再開発の期待と現実

兼谷将平

[有料会員限定]

京王電鉄の株価が高値圏で推移している。新型コロナウイルスの感染拡大での通勤などの需要が大きく減少しているにもかかわらず、今年2月18日に上場来高値(8820円)を付けた。2021年3月期に創業以来初の最終赤字に転落したと発表した後も、7千円前後で株価がもみ合う展開が続く。透けて見えるのが新宿再開発への期待だ。

株価を巡り同社は「マーケットが株価を形成する。その価格を尊重する」と回答するにとどまる。大量保有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン