/

三省堂書店、神保町本店建て替え 25~26年に完成予定

三省堂書店は2日、東京都千代田区神田神保町にある本社・本店ビルを建て替えると発表した。建設から40年がたち、設備の老朽化が進んだためとしている。神保町本店は2022年3月下旬にも一旦営業を終了し、4月から解体を始める。完成は25~26年を予定している。

現在のビルは創業100周年を記念して造られたもので、1981年3月に完成した。今回の建て替えを機に本社部門は移転を予定しているが、移転先は検討中という。工事期間中の仮店舗の場所も検討中としている。

神保町は日本有数の書店街で、歴史ある古書店が多くある。三省堂書店は神保町でも大規模な書店で、ランドマークとして知られてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン