/

この記事は会員限定です

EV電池が崩す車の論理 中国大手「トヨタとは距離」

EV急加速(4)

[有料会員限定]

トヨタ自動車が約3800億円を投じ、2025年にまず米国で立ち上げる自動車向け電池工場。トヨタは20年4月にも51%を出資し、パナソニックと電池会社を設立していたが、新工場の提携先に選んだのはパナソニックではなく、グループの豊田通商だった。

「会社立ち上げで手間取ったのが原因」と話す関係者もいるが、「トヨタの戦略でしょう」。そう淡々と語るパナソニックの電池トップ、只信一生は今、米テスラがテキサス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン