/

セントラル硝子、建築用ガラスを最大40%値上げ

セントラル硝子は建築用ガラスを10月1日納入分から最大で40%値上げすると発表した。燃料の重油や加工ガラスに使う副資材などが値上がりしており、コストの上昇を製品価格に転嫁して採算を改善する。値上げ表明は2年ぶりとなる。

値上げ幅は一般的な板ガラスの「フロート板ガラス」と「鏡」が15~20%、主に浴室向けの「型板ガラス」や防火機能がある「網入り型板ガラス」が35~40%などとなる。

国内の建築用ガラスをめぐっては、7月にAGCと日本板硝子が10~35%の値上げを表明している。ガラスの値上げが広がってきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン