/

この記事は会員限定です

関西スーパー統合、11機関投資家が反対 経済合理性問う

[有料会員限定]

2021年10月に開かれた関西スーパーマーケットの臨時株主総会で、同社とエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)系との統合議案に野村アセットマネジメントなど多くの機関投資家が反対していたことが分かった。会社提案のM&A(合併・買収)に、運用会社から反対が相次ぐのは異例。他人の資産を運用する運用会社が負う受託者責任への視線が厳しくなっており、企業の判断に経済合理性があるかを見極める動きが強

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン