/

食べチョク、複数の生産者から同時購入可能に

農産物の産直サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデン(東京・港)は2日、複数の生産者から食材を少量からでも購入できる「まとまる食べチョク便」の実証を開始したと発表した。1つの段ボール箱にまとまった形で1袋からでも注文できるようになる。消費者のニーズが多様になる中で、様々な食材を手軽に楽しみたいという需要を取り込む。

実証期間は11月2日から2023年2月末までの約4カ月間となる。50程度の熊本市の生産者が参加し、関東地方と山梨県に住む利用者が対象となる。複数の食材を注文する際、従来は複数の箱を使っていたため、送料が注文する生産者ごとにかかっていた。1つの箱にまとめることで、3割程度の負担削減につながる。

生産者も「食べチョク」が設置する集荷場に一括で出荷できるようになる。消費者個人への配送が不要となり、業務負担の削減につながる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません