/

スバル、新型「アウトバック」を発表 安全装備を充実

SUBARU(スバル)は2日、多目的スポーツ車(SUV)の新型「アウトバック」の先行受注を同日から始めたと発表した。価格は410万円台から。7年ぶりの全面改良となる。高速道路の渋滞時にハンドルから手を離して運転できる運転支援システムを標準装備したほか、車体の剛性を高める車台も採用した。

高精細の地図データと全地球測位システム(GPS)などの情報を活用した「アイサイトX」を全車に標準装備した。高速道路で渋滞時にはハンドルから手を離した状態で運転することが可能になったほか、カーブや料金所の前では最適な速度まで自動減速する機能などが使えるようになった。

車台の骨格には「スバルグローバルプラットフォーム」を採用した。車体の剛性を高め、衝突時の安全性能を向上させた。新開発した排気量1.8リットルのターボエンジンを搭載し、走行性と環境性能を両立させた。詳細な仕様やグレードなどは10月に発表する予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン