/

この記事は会員限定です

マスブランド生き残れる? 日清食品HD安藤社長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

若年層を中心にマスブランド離れが進む中、大手メーカーを取り巻く環境は厳しさを増している。消費者の嗜好の変化の波は9月に発売50周年を迎える「カップヌードル」にも押し寄せる。ブランドをどう進化させるか。日清食品ホールディングス(HD)の安藤宏基社長にマスブランドの生き残り策を聞いた。

――食に対する嗜好が多様化しています。

「これからは『フードテック』と『環境』、『ウェルビーイング(心身の幸福)』を経営の中に取り込まないと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン