/

この記事は会員限定です

サッポロ、AIでチューハイ開発 IBMと連携

[有料会員限定]

サッポロビールは日本IBMと連携し、人工知能(AI)を使った缶チューハイの開発を始める。商品のコンセプトを入力するだけで、チューハイのレシピをAIが自動で作成する。レシピの開発時間は半分程度になる。2022年内に本格的に導入し、23年にはAIが開発した商品を販売する考えだ。

サッポロが持つ缶チューハイのレシピや人の味覚で評価したデータ、香料の特徴など約1650件のデータを日本IBMのAIに学習さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン