/

この記事は会員限定です

ANA社長「ロシア通過路線、代替ルートも選択肢」

[有料会員限定]

全日本空輸(ANA)の平子裕志社長は2日、ロシア上空を通過する路線について「ロシア上空を通らないルートも検討しており、確立できるのであれば選択肢に入る」と話した。ANAや日本航空(JAL)など日本の航空各社は現在、ロシア上空を通過する欧州路線を通常運航している。平子氏は「安全を担保できる状況下では運航する」とした上で、安全に影響がおよぶ場合は飛行経路の変更も検討するとした。

同日、羽田空港で報道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン