/

この記事は会員限定です

企業の自社株消却、1~8月過去最多 東証市場再編に備え

[有料会員限定]

上場企業が自社株の消却を積極化している。1~8月の消却件数は前年同期比3割増の137件と過去最多となった。自社株買い金額も急増している。新型コロナウイルス禍で悪化した業績の回復が進み、株主還元や資本効率改善を進める動きが戻ってきている。企業が東京証券取引所の市場再編に備えて流通株比率や時価総額を高めようとする動きもある。

1~8月に実施された自社株の消却と取得を日本経済新聞が集計した。消却は137...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン