/

この記事は会員限定です

「電子市民」を2030年に100万人 加賀市の仰天プラン

[有料会員限定]
日経クロストレンド

石川県南西部に位置する、温泉地としても有名な加賀市。少子高齢化が進み、2021年1月時点で高齢化率は全国の28.4%(2019年10月時点)より高い34.8%となっている。人口は1985年の約8万人をピークに半世紀で半減すると予想され、2014年には日本創成会議が示した「消滅可能性都市」の1つに指定された。

人口減少、観光客減少の課題を解決するため、同市は「電子市民」という新たなカテゴリーを設け、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン