/

この記事は会員限定です

日立、資金調達を現地化 海外子会社の自律性高く

[有料会員限定]

日立製作所で海外拠点の資金調達や運用などの管理を現地化する検討が進んでいる。米IT(情報技術)企業の大型買収など海外事業が拡大。米国や中国など世界5地域それぞれで部品の調達から販売のサプライチェーン(供給網)を構築する中で、カネの面でも「地産地消」を採り入れ、本社と現地法人間で発生する資金移動のコストや時間を減らす。

日本、米国、欧州、アジアなど主要地域で導入する方向で検討する。調達のみならず余剰資金の運用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン