/

カゴメ、北海道で加工用トマトの生産支援

カゴメはJAいわみざわ、ヤンマーグループと連携し加工用トマトの生産を支援する

カゴメは2日、いわみざわ農業協同組合(JAいわみざわ、北海道岩見沢市)と農業用機械を販売するヤンマーアグリジャパン北海道支社と連携し、加工用トマトの生産を支援すると発表した。カゴメとヤンマーグループが共同開発した加工用トマトの収穫機を活用。2025年までにJAいわみざわ管内の加工用トマトの栽培面積を21年比3倍となる30ヘクタールまで拡大する。

トマトジュースなどの原料となる加工用トマトの栽培で3者が連携協定を結んだ。カゴメはトマト栽培技術の指導や品種開発などで協力するほか、ヤンマーグループは収穫機を提供し支援する。カゴメによると、国内の加工用トマトの産地は関東が中心だという。北海道でもトマトの産地を拡大することで、トマトの安定確保につなげる狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン