/

この記事は会員限定です

酒井重工業、配当性向5割以上へ 最大で100%も

[有料会員限定]

道路建設機械の酒井重工業は2日、2026年3月期までの中期経営計画を公表した。配当性向は安定的に50%を維持する方針で、収益性が低い場合は最大で100%に高める。東京証券取引所が22年に予定する市場区分の変更で東証1部の後継となるプライム市場への上場維持に向けて経営目標を明確化した。

配当性向は自己資本利益率(ROE)が6%を超えた場合は50%とする一方、3%を下回った場合は100%とする。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン