/

ノジマ、衛星放送事業に参入 ソニー系から買収

ノジマは衛星放送への参入を決めた(都内の店舗)

家電量販のノジマは2日、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの日本法人(SPEJ)から有料衛星放送を手掛ける子会社を買収して同事業に参入すると発表した。買収額は非公表で、早ければ10月にも始める。長引く新型コロナウイルス禍により自宅で楽しめるサービスは引き続き需要が高いと判断。家電とのセット提案などでシナジーを狙う。

SPEJはアニメや音楽など複数の衛星放送専門チャンネルを持つ。ノジマが買収するのはミステリー番組専門の「ミステリチャンネル」や、ケーブルテレビ最大手のジュピターテレコム(JCOM)も一部出資している海外人気ドラマ中心の「AXNジャパン」などだ。

ノジマはこれまで携帯端末の専門店やウェブ事業など、本業の家電販売に関連してビジネスの幅を広げてきた。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が長期化するなか、自宅で楽しめる衛星放送はノジマの主要顧客の需要も高いと判断して参入を決めた。

ソニーグループはノジマへの譲渡について「グローバルで進めている有料チャンネル事業のポートフォリオ見直しの一環」(担当者)とした。今回の譲渡でソニーグループが世界で運営するチャンネル数は63となり、2020年3月末から15%減った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン