/

ZHD、30年度に温暖化ガス排出ゼロ グループ全体で

Zホールディングス(HD)は2日、2030年度までにグループ全社での事業活動による温暖化ガスの排出量を実質ゼロにすると発表した。LINEなど主要企業が事業で使う電力を100%再生エネルギー由来に切り替える。ヤフーは他のグループ企業の排出分を相殺するため、自社の排出量以上の温暖化ガス削減に取り組む。

脱炭素化に向けた環境戦略「2030カーボンニュートラル宣言」を策定した。新たにLINEとZOZOがそれぞれ25年度、30年度までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を掲げた。電力使用量の約9割を占めるデータセンターなどを中心に、順次再生エネルギーに切り替える。

ヤフーは既に23年度までのカーボンニュートラル実現を目標に掲げている。今後は温暖化ガスの排出量を上回る削減効果を実現する「カーボンネガティブ」に取り組む。主要企業を除く連結子会社の約130社は、30年代の100%再エネ化をめざしている。30年度の実質排出ゼロに向け、グループ企業の排出分を自社の削減分で補う見込みだ。

ヤフーは企業版ふるさと納税制度を活用して脱炭素に取り組む自治体に寄付するなど、脱炭素化に向けた事業を後押しする。同社はこうした自治体との連携を通して、事業活動として温暖化ガスの回収や貯留に取り組みたいとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン